英語の民間試験問題は
延期になりました

ところで国語の記述は?

大学入試共通テストの採点業務
国語、数学は担当は
ベネッセコーポレーションです

ちなみに検定試験を実施しようとした
GTECもベネッセコーポレーションです

そして
採点業務については競争入札して
契約したのは下記の通りです
大学入学共通テストに係る競争入札について

落札価格は2.5億です!

国語は試行調査に
67,745人です

6.7万人に採点するのに
(数学も含む)
2.5億です

センター試験は
実際、昨年度576,830人志願しております
データはここ

8.5倍です

単純計算できませんが
採点は人数は必要になります
短期間で実施するためには
かなりの人数が必要になります

かなり前の記事で
バイトも可能だそうです

それらの人件費も考えると
8.5倍して
22億程度は必要になります

それで
何が得られるのですか??

明確なエビデンスもなく
記述の方がいいからという理由で
22億(推定)をかけるのでしょうか?????

すくなくとも
現時点でもセンター試験は良質な問題を
作成されていると考えています

それでいいでしょう?

あとは大学が求める生徒を
大学が独自に問題を作り
採点すればいいことです

もう一度いいますよ
22億(推定)
喜ぶのは業者だけですよ

今日も読んでいただきありがとうございます
BlogPaint
生徒が泣きますわ…