2022年度から実施される
高等学校新学習指導要領では
論理国語
文学国語
というように文章の内容に応じて科目が分かれています

扱う文章を
・文学的
・論理的
・実用的
と別れるようです

この変更方針に
私個人は反対です
なぜなら、小説や物語文も
かなり論理的に書かれているからです

ただなぜこのような状況になったのかを考えなければなりません

それは国語の指導が曖昧なままでいることが
最大の問題だと思います

本を読んでいれば何とかなる
という経験に基づいた根拠のない指導を
指導としていた反省に立って
物事を考える必要があると私は考えています

「文学を軽視」懸念の声(中日新聞8/25記事)のなかで
日本近代文学会は
『文学』を狭義の言語芸術に限定し、
囲い込んでしまうことで、
言葉によって新たな世界観を切り開いていく『人文知』が、
今後の中・高等教育において軽視され、衰退しかねない」
と懸念を表明していると書かれています

この記事を読んで
誰も賛同してくれないだろうな~としか思いません

むしろだから文学は…と
批判されかねません

うーん

一度私の授業を見て下さい
文学がどれほど論理的で
センター試験がどれほど緻密に作問されているか
そのために
国語ではどんな力をつけることが大切なのか!

そんなことを文部科学省や
多くの人に伝えたいなあ…と思います

今日も読んでいただきありがとうございます

587361769.223884