NHKのニュース
見ました?

採点にバイト学生!

専門家は
「大学入試を学生に採点させるのは異例だ。
採点の信頼性に関わる問題だ」と指摘しています。(引用)


なんて書かれていますが

平成31年のセンター試験志願者が
576,830人です

その採点を
たった20日でするなんて
国語の採点をしたことのある現場の人間なら
「無理でしょう!」と誰もが思います

模試の採点を考えても
試験の公平性の視点からも
質の担保はまずもって保証されません

という議論は当初から考えられます

しかし
「経済」を優先した結果どうなったのか


クレーム処理に対応するために
何点と明示するのではなく
段階表示にしました

それでも
20日で
実質採点という実務は
推定しても10日程度

公平性を担保するなんて無理です

そこで
次はどうするか?

「素人でも採点できる」
もっといえば
「スキャンして画像認識ソフトで採点」
できるようにするためには
という考えにシフトしているように思います

スキャンして画像認識ソフトで採点については
大学入試センターが公表している資料から推定できます

そんなことを考えると
これから
何をしたらいいか
先生方は分かりますよね?

そんな話も含めて
7/7日 大阪で学校の先生方対象に
話をさせていただきます!

関西の先生方
一緒に楽しみましょう!

今日も読んでいただきありがとうございます
DSC_0690