「センター試験の大改革」に秘められた深い意味(東洋経済)

というタイトルの記事を読みました

大学入試センターの山本廣基理事長が登場しており
非常に興味深かったです

その中で
国語の記述式
に触れています

記述問題の出題意図は
「テキストを正確に読み取る力、思考したことを表現する力」
だそうです

ということは
現場の私たちは
テキストを正確に読み取る力とは
どういう力なのかを定義しなければなりません

テキストになんとなく目を通し
何の根拠もなく
自分の解釈で「正確」だと錯覚させていては
プロ失格です

今年の研修会では
「テキストを正確に読み取る力」について
私の指導報告をしようと思います

今のところ
6月9日(日) 東京
7月7日(日) 大阪
で実施予定です

詳細が決まり次第
連絡いたします


今日も読んでいただきありがとうございます
IMG_6894
ここにヒントはあります!