初めての高校3年生の担任のとき
私立受験組を中心にして
「学校にこなくなる問題」がありました

生徒としては
受験に関係のない科目の時間が惜しい
自習ばかりで自宅でやっても同じ
インフルエンザにかかりそうで1人でいたい
などの理由でした

学校としても
保護者の了解のもとならどうしようもありません

年配の先生は
「そんなんダメだ」と怒っていました

それぞれの立場でいろんな意見があるでしょう


私としては
「余裕がないんだなあ」と思います
未来を想定して準備していれば
こんな切羽詰まって追い込まれることもありません
現実に縛られて生きていくしかないという
その生徒の未来が見えるようで
悲しくなります

教師としても
あの先生の授業があるからいこう!と
言われないことにも悲しさを感じます

この時期の
「学校にこなくなる問題」があることを
想定して教師は準備していかなければなりません

今日も読んでいただきありがとうございます
2018-11-30 15.24.42
歴史は繰り返すのですね~