スポーツと
国語が同じと考えると

上手くなるためには
練習が必要です

覚えることよりも
練習しなければなりません

どんなにルールを暗記しても
上手くなるテニスの本をいくら読んでも
練習しなければ上手になりません

だったら
練習量が大切なのか!
というとそうでもありません

例えば
この記事のように
「原監督、理不尽な上下制度や奴隷的指導ぶち壊した」
気合いと根性だけが
大切なのではありません

精神論だけでは意味がありません

それは大学日本一のレベルでも
オリンピックのレベルでも同じです

ところが
ほとんどの指導者は
「精神論」を中心に指導します

間違ってはいけないのですが
精神論は大切です
最後にものを言うのは精神です
だから
メンタルトレーニングはとても重要です

ただ
「順番」が違うといいたいだけです

心技体

これを同時並行ではなく
きちんと順番で指導することが
大切なのです

そうやって
なんとなく指導するのではなく
結果の出るやり方で指導する方法を
身につけることが大切なのです

38

今日も読んでいただきありがとうございます

さて
「心技体」どれから指導していますか?