ドキドキ

所用があって
松江駅に行ったとき

警察官から声をかけられました

しかも二人から

待ち伏せされていたので
何があったのか…
何をしたのか…

思い当たることは…

など

走馬燈のように駆け巡りました


警察官二人は
なんと!


「長谷先生ですよね~」

なんだ
教え子じゃん!

一人は松江北高校で
実際に教えていた生徒

もう一人は20年前に
益田高校で講師をしていたときの
隣のクラスの生徒

つまり、面識なし

でも全く変わっていないといわれ
通りかかった瞬間にすぐに分かりました!
と言われました

ということは
今が20代に見えるのか
それとも
20代の時に
40代の貫禄があったのか

そのどちらかでしょう…

一瞬ドキドキしましたが
未だに覚えてくれていることに
感謝して
心が温かくなりました

11
今日も読んでいただきありがとうございます
誰かの人生の一場面に関われたことに感謝です 

GW

4/30日
なんと
日帰りで「USJ」に行ってきました!

次男と二人旅

22
恐竜に食べられかけ
フライング・ダイナソーという
高速ジェットコースターでは
最前列に座り

42
噂のハリーポッターでは
ぐるぐる回りすぎて
めまいがしそうでした

朝6時に出発して
夜10時に到着!

強行日程でしたが
良い思い出となりました!

41
 

今日も読んでいただきありがとうございます
今年のGWはこの日以外は教室で授業です 

プロとして

平成28年熊本地震で被害に遭われた皆様にお見舞い申しあげます。

報道を見ていると
私に何ができるのだろうか?

医師なら
現場にかけつけて
命を救うことができる

消防士なら
現場にかけつけて
命を救うことができる

自衛隊なら
現場にかけつけて
命を救うことができる

それぞれの
プロフェッショナルが
まさに
プロフェッショナルの
技術を生かして
人の役に立つことができる

では
教育のプロフェッショナルは
何ができるのだろうか?

いろんなことを考える


それにしても
いろんな情報が流れてて
何を信じれば良いのか?

面白おかしく情報を流したり
ここぞとばかりに金儲けに走ったり
被災者の家に空き巣に入ったり

そんなことを見るたびに
教育の荒廃を思い
教育のプロフェッショナルとして
何ができるのかを考える

41
人の思いとは関係なく
自然は美しい 
プロフィール

1972年 島根県 益田市生まれ
高校時代はテニスに没頭。仙台インターハイに出場。大学時代はテニスに没頭。主将としてリーグ戦を勝ち抜く。大学を卒業後、公立学校採用試験に合格せず4年間講師で県内をさまよう。その後、正式採用となり12年間島根県内の普通高校を渡り歩く。H23年4月、「プロの生き方」にあこがれて公立学校教諭を辞職。フリーの国語教師として再出発。志桜塾代表。趣味はテニス。上級指導員の資格をもつ。テニスから学んだ「機能分析」の考え方をもとに新しい国語の指導を模索している。

志桜塾LINE
友だち追加
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ガラッと変わる国語
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
楽天
Amazon