定期テスト

島根県では
中学・高校ともに定期試験の真っ最中です

教室の授業は
「定期テスト対策」なるものは
実施しないので

というより
実施することの意味が見出せないので
それぞれの試験範囲と関係なく
授業は進めます

来たい生徒は来るし
試験勉強する生徒は来ない

ただ
試験を通してどう成長するかが
本当は大切なことです

試験勉強で精一杯
→試験範囲はあらかじめわかっていること
→ならば計画性を身につけるチャンス!
→それを逃している

しっかりと追い込むチャンスを活かすのか
それとも流されてしまうのか

たったそれだけのことですが
試験中に
時間を生み出して参加してくれる生徒は
まあ合格率が良いですね!

そんなことも理解できるようになると
いいなあ~と願いながら今日も授業です


今日も読んでいただきありがとうございます
2018-06-20 20.13.19




このことか…

手のひら返し!

手のひらを返す
は広辞苑によると
「言葉や態度などが、それまでとがらりと変わる。手の裏を返す。」
とあります

一般的には「良い→悪い」にたいして使うみたいですが
今回のサッカーでは
「悪い→良い」ですね!

こういうのを見ていると
ほんと人の「評価」はむなしいものだなあ…
そう思います


いろんなバッシングの中
奮闘した選手には頭が下がります


今日も読んでいただきありがとうございます
私も絶対に「手のひら返させてやる」ということがありますね
その上で「お断りします」っ言ってみたいものです
2018-06-22 20.04.30

そういえば

先日

まんがでわかる 伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]
まんがでわかる 伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]

を授業しました!

じゃなかった

で授業しました!


この本に書いてあるように
伝え方はスキル

国語もスキル

臨機応変に対応するのではなく
固定された文章から始めるのが一番!

だから
コミュニケーション能力アップのために
国語が必要なんだよ~

という趣旨の話をしました

この本では
1 思ったことをコトバにしない
2 相手の頭の中を想像
3 相手のメリットと一致するお願いをする
ということがまず書いてあります

それを国語に変化したら
こうなります
2018-06-21 21.33.55

生徒はみんな写メして帰りました!


今日も読んでいただきありがとうございます
少しでも国語に対する違和感が解消してくれたらうれしいです!

いつか著者の佐々木圭一さんと
コラボレーションできる日を夢見ています!



プロフィール

1972年 島根県 益田市生まれ
高校時代はテニスに没頭。仙台インターハイに出場。大学時代はテニスに没頭。主将としてリーグ戦を勝ち抜く。大学を卒業後、公立学校採用試験に合格せず4年間講師で県内をさまよう。その後、正式採用となり12年間島根県内の普通高校を渡り歩く。H23年4月、「プロの生き方」にあこがれて公立学校教諭を辞職。フリーの国語教師として再出発。志桜塾代表。趣味はテニス。上級指導員の資格をもつ。テニスから学んだ「機能分析」の考え方をもとに新しい国語の指導を模索している。

志桜塾LINE
友だち追加
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ガラッと変わる国語
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
楽天
Amazon