読解力

PISAの結果について
あれこれとコメントを見かけます

そもそも「PISA」とは
OECDが進めている
PISA(Programme for International Student Assessment)と
呼ばれる国際的な学習到達度に関する調査のことです

2018年の結果報告では
◆読解力の問題で、日本の生徒の正答率が比較的低かった問題には、
テキストから情報を探し出す問題や、テキストの質と信ぴょう性を評価する問題などがあった。
◆読解力の自由記述形式の問題において、自分の考えを他者に伝わるように根拠を示して説明
することに、引き続き、課題がある。
となっています(引用元

これについて識者がコメントしていますが
中には「テストが悪い」という
前近代的な発言があったので驚きました

今のゆとり教育で
ほぼ失敗したということが分かったので
見直していきましょうという流れだと思っていましたが
テストをするから
現場は疲弊していき
生徒も披露していくなどとは…

そもそも
テストは指導者側が
どこまで伝わっているかを確認するためであるはずです

テストできちんと確認する
そういう統計的に把握していくことは大事です

確かに「テストの点数」至上主義に
陥りやすいことは事実ですが
アマチュアの保護者と違って
プロの教員ならば点数至上主義に陥らないように
常に自己研鑽することは当然のことです

そういえば
教員の質を担保するために倍率が3倍は必要だ!という
記事を読んだことがあります

高校入試を含めて
最低3倍ぐらいになるように設定したらいいのにと思います

今日も読んでいただきありがとうございます
読解力とは?という
定義から本当は考えなければなりませんよね
IMG_7505 2

集客

学校の教員は集客に
悩む必要がありません

とはいえ少子化のため
私立の多くが集客に注目しています

島根県でも
「魅力化事業」と称して
いろいろとやっているようです

ただ私が考えるに
授業が上手いことが一番なのではないでしょうか?

もちろん
「上手い」という定義は人によって違います
それぞれの学校にあった「上手さ」があると思います

それぞれの先生が
授業の「上手さ」を追求していけば
自然と魅力的になると思います

私は学校の教員時代には
集客については何も考えていませんでした

ところがたった一人でやってみると
それはそれは大変です
しかも後払いなので
毎回の授業がそのまま生活につながってきます

集客するために
広告をうつことは大切なのかもしれませんが
広告は一度もありません

合格実績を大々的に宣伝することは
大切なのかもしれませんが
合格実績は一度も宣伝したことはありません

でもこの10年で述べ700名近くが
入塾してくれて、今に至っています

この10年 やり続けたことは
目の前の生徒に対して
誠実に授業をすることだけです

それで何とかやっています

ということはうまくいかない経営者
学校関係者は
授業を大切にするという姿勢がないのかもしれませんね


IMG_7668

正月から

1月1日 松江で授業
1月2日 米子で授業
1月3日 松江で授業
と毎日授業です

「正月から大変ですね…」
と声をかけて頂いておりますが
感謝するのはこちらです

授業は
聞いてくれる生徒がいるから成立するのです

私の教室では
原則「後払い」です

そのため
この授業はつかえない
と思ったら断りなしに来なくなっていいのです

料金は後払いのため
不要なものは支払いません

ところが
多くの塾では必ず「前払い」です
休んだら振替などをしたり
休む方が悪いと言って授業もしていないのに
お金を払わせるところがあります

これって正しくないですよね?

お店でモノを買えばお金を払います
それが当然です

ところが何もしていないのに
教育ではお金を払わせようとします

このことに気がついて
「お金儲け」をしようとしている人たちは
定額制にしようとしています

それをごまかすために
「サブスクリプション」とカタカナ語にしています

日本人がカタカナ語に弱い習性を利用して
「お金儲け」を企んでいるだけです

お金を払って聞きたい!という
授業の準備をすることが何よりも大切なことだと思います

IMG_7704(Edited)
プロフィール

1972年 島根県 益田市生まれ
高校時代はテニスに没頭。仙台インターハイに出場。大学時代はテニスに没頭。主将としてリーグ戦を勝ち抜く。大学を卒業後、公立学校採用試験に合格せず4年間講師で県内をさまよう。その後、正式採用となり12年間島根県内の普通高校を渡り歩く。H23年4月、「プロの生き方」にあこがれて公立学校教諭を辞職。フリーの国語教師として再出発。志桜塾代表。趣味はテニス。上級指導員の資格をもつ。テニスから学んだ「機能分析」の考え方をもとに新しい国語の指導を模索している。

志桜塾LINE
友だち追加
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ガラッと変わる国語
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
楽天
Amazon