面白い

小論文を添削していると
面白い評論文に出会います

矢作弘『縮小都市の挑戦』(岩波新書)
では

現代は急激な人口減少と
産業の衰退により
都市がどんどん縮小していき
このまま消滅するしかない状況になっている
こんな状況に
「小さく、賢く、再成長」していくために
新しいパラダイムの転換を求めていく!

というような内容が書かれておりました


新幹線を引っ張ってくれば
山陰が豊かになると
思っている経済界の人たちに
読んでほしいものです



さて生徒は
「縮小都市が持続可能であるためには、
どのような方法や政策が考えられるでしょうか?」
という問になんと答えたでしょうか?




答えは「教育」です


国家百年の計は「教育」にあり!

そんなことをまじめに語れる
社会人をしっかりとつくっていこうと思います

今日も読んでいただきありがとうございます

18
雪は落ち着いたようです

雪の日に

雪かきしていたら
となりのお店の前で車が往生

急いでスコップを持って
雪かきに参戦

すると運転していた
高齢の女性が
「私は山奥からせっかく出てきたのに
なんで目前でこんな目に遭わなきゃならないの!」

とお店の人にお怒りの様子

お店の人は、すみませんね…と謝っている様子

こっちはその様子を見て
ひたすら雪かき

途中お店の人に指示して
お湯を持ってきてもらい
何とか無事に脱出!

高齢の女性には
笑顔でお見送り

お店の人には
災難でしたね(いろんな意味で)
と声がけして

一連の出来事は終了!


うーん
動揺したときや
想定外の時にいろんな顔がでてきますね

人の振り見て我が振り直せ
ではないですが
雪かきから学びました!

今日も読んでいただきありがとうございます

37
汗かきますわ~

大雪!

記録的な大雪になってます

けれど
学校は通常通りが多く
市内はそんなに混乱しているようでもありません

あれほど台風では
休校騒ぎだったのに
大雪には強いということか?


54
台風はスルーするのにね…

今日も読んでいただきありがとうございます
教室は生徒が来る限り、対応しております
プロフィール

1972年 島根県 益田市生まれ
高校時代はテニスに没頭。仙台インターハイに出場。大学時代はテニスに没頭。主将としてリーグ戦を勝ち抜く。大学を卒業後、公立学校採用試験に合格せず4年間講師で県内をさまよう。その後、正式採用となり12年間島根県内の普通高校を渡り歩く。H23年4月、「プロの生き方」にあこがれて公立学校教諭を辞職。フリーの国語教師として再出発。志桜塾代表。趣味はテニス。上級指導員の資格をもつ。テニスから学んだ「機能分析」の考え方をもとに新しい国語の指導を模索している。

志桜塾LINE
友だち追加
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ガラッと変わる国語
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
楽天
Amazon