悲しみに彩られた憎悪

私には忘れることのできない作家が
たくさんいます
西村滋という人もその中の一人です
 

少年は両親の愛情をいっぱいに受けて育てられた。
殊に母親の溺愛は近所の物笑いの種になるほどであった。

その母親が姿を消した。
庭に造られた粗末な離れ。
そこに籠もったのである。
結核を病んでいたのだった。
近寄るなと周囲は注意したが、
母恋しさに少年は離れに近寄らずにはいられなかった。

しかし、母親は一変していた。
少年を見ると、ありったけの罵声を浴びせた。
コップ、お盆、手鏡と手当たり次第に投げつける。
青ざめた顔。長く乱れた髪。荒れ狂う姿は鬼だった。

少年は次第に母を憎悪するようになった。
悲しみに彩られた憎悪だった。

少年6才の誕生日に母は逝った。
「お母さんに花を」と勧める家政婦のオバサンに、
少年は全身で逆らい、
決して柩の中を見ようとはしなかった。

父は再婚した。
少年は新しい母親に愛されようとした。
だが、だめだった。
父と義母の間に子供が生まれ、少年はのけ者になる。
少年が9才になって程なく、父が亡くなった。
やはり、結核だった。

その頃から少年の家出が始まる。
公園やお寺が寝場所だった。
公衆電話のボックスで体を二つ折りにして寝たこともある。
そのたびに警察に保護された。
何度か目の家出の時、
義母は父が残したものを処分し、
家をたたんで蒸発した。
それから少年は施設を転々とするようになる。

13歳の時だった。
少年は知多半島の少年院にいた。
もういっぱしの「札付き」だった。

ある日、少年に奇跡の面会者が現れた。
泣いて少年に柩の中の母を見せようとした
あの家政婦のオバサンだった。
オバサンはなぜ母が鬼になったのかを話した。
死の床で母はオバサンに言ったのだ。

 「私はまもなく死にます。
あの子は母親を失うのです。
幼い子が母と別れて悲しむのは、
優しく愛された記憶があるからです。
憎らしい母なら死んでも悲しまないでしょう。
あの子が新しいお母さんに可愛がってもらうためには、
死んだ母親なんか憎ませておいたほうがいいのです。
そのほうがあの子は幸せになれるのです。」

藤尾秀昭著『心に響く小さな5つの物語』より



この本を読んで
片っ端から西村滋氏の本を読みあさった


平成20年
今から8年前の自分は
1クラスしか教えていなかった生徒に
何か伝えたくて
むさぼるように読んだことを思い出した


今日も読んでいただきありがとうございます
08
今週末は北海道です
まだまだ席はあるようです
お待ちしております!
 

60%

60%

この数字を見て
何か思い出しますか?

そう
「下町ロケット」のラスト
佃VS椎名の演説合戦の場面で
椎名が言ったセリフです

「60%を高いと思いますか?
それともまだまだ100%には
遠く及ばない低い数字だと思いますか?」

「例えば、安全に稼働する確率が
60%の医療機器があったとします。
つまり、10人中6人は助かるが
4人は助からない。
あなたはそんな医療機器は
使うべきでないと言い切れますか?」

「それを使えなかったせいで、
助かるはずだった6人が残念ながら死ぬとしても
その選択は正しいと言い切れますか?」

サヤマ製作所所長、椎名直之のセリフです

正直私はその通りだと
思ってしまいました

100%に近いものでしか
医療機器として認められなくても
何人かが助かる可能性があるならば…

リスクは背負ってでも
試す価値があるのじゃないの?

そう考えました


主人公の
佃製作所所長、佃航平はこう答えます

「6人を救うために、4人を犠牲にすることが
正しかったのか、間違っているのか
そんな答えは私にはとうてい出すことはできません。
亡くなった人にとっては、
たとえ1%だろうと
99%だろうと関係ない。
1%だから死んでも仕方ないと思う人間は
どこにもいませんよ。」

「だから我々技術者は
常に100%の成功を目指して研究開発を
続けるしかないんだ」


そして続けていいます


「大勢を救うために少数を犠牲にすることは
正しいのか間違っているのか
そんなことは医者も技術者も
ずっと昔から悩みに悩みつづけてきたことなんだ!
答えなんか出せるわけないんだよ。」

「それでも先人たちはな、
自分の無力さと闘いながら
次こそは10人全員を救いたいと努力して
どうしても救えなかった人たちの
尊い犠牲の上に唇を噛みしめて
今日の医療と技術を作り上げてきたんだ」

グッときますね
書いていて

「どうしても救えなかった人たちの
尊い犠牲の上に唇を噛みしめて
今日の医療と技術を作り上げてきたんだ」

そのセリフが私の心に突き刺さります

04
今日も読んでいただきありがとうございます
松江は雨になりました 

定期テスト前に思うこと

そろそろ
高校生は定期テストに突入します

定期テスト対策などは
一切やらないため
この時期になると
参加する生徒と
参加しない生徒に分かれます

正確にいうと
参加しない
のではなく
参加できない生徒です

なぜか?
「目の前のことに追われている」からです

定期テストの日付は
すでに年間スケジュールで発表されています
正論をいうなら
逆算して計画をたてろ!といいたいところです

しかし
まだ高校生です

たぶん
大人でも難しいことですので
それを「正論」をかかげて
高校生を追い込むことに意味はありません

では何をしたら良いのか?

定期テストは
自分を成長させるチャンスだ!
という認識にかえることです

目の前のことに振り回されるのではなく
きちんと時間管理をして
計画的に学習するチャンスと認識することです

定期テストの最中でも
教室の75分を捻出できるほど 
自己管理
時間管理
できるようになってほしいとおもいます

20
今日も読んでいただきありがとうございます
今日はいい天気でした
プロフィール

1972年 島根県 益田市生まれ
高校時代はテニスに没頭。仙台インターハイに出場。大学時代はテニスに没頭。主将としてリーグ戦を勝ち抜く。大学を卒業後、公立学校採用試験に合格せず4年間講師で県内をさまよう。その後、正式採用となり12年間島根県内の普通高校を渡り歩く。H23年4月、「プロの生き方」にあこがれて公立学校教諭を辞職。フリーの国語教師として再出発。志桜塾代表。趣味はテニス。上級指導員の資格をもつ。テニスから学んだ「機能分析」の考え方をもとに新しい国語の指導を模索している。

志桜塾LINE
友だち追加
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ガラッと変わる国語
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
楽天
Amazon