環境

さまざまなメディアで
東京大学入学式 祝辞
上野千鶴子について報道しています

うん!
心に響くものだと思います

私は何より
この部分が好きです

「そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、
あなたがたの努力の成果ではなく、
環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。
あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、
これまであなたたちの周囲の環境が、
あなたたちを励まし、背を押し、
手を持ってひきあげ、
やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。」
引用先


そして
昨夜TV番組で
ニートで何が悪い?
という高学歴の若者たちの様子を映している番組がありました

そんな番組を見ながら
上野先生の言葉が頭に
繰り返し浮かんできました


ニートができるも
今は「老害」といわれる人も含めて
先人が人生の時間をかけて
築いてくれたからだ


先人の方々への敬意とともに
これから未来を創っていく生徒に
何を伝えていくのか…

いろんなことを考えました

今日も読んでいただきありがとうございます

2019-04-04 15.58.56

置き勉

「置き勉」と変換しても
「置き弁」と変換されてしまう
認知度のなさですが

小学校の教科書などを
学校に置いておくということです

「置き勉」を認めていない学校は
「持ち帰り自宅で翌日の時間割を見ながら支度するのが重要」(4/11山陰中央新報)

重要?

何が重要なのでしょうか?

リスク管理の視点から
息子達は
「毎日全ての教科書を持って行き
 持って帰る」という
暴挙に出ていました…

指導して改善するのでもなく
環境を整えるのでもなく
たんなる
心の問題として処理してしまう

いや
「ココロの問題」としてしか
処理できない先生方が多いということが問題です

教科書なんてタブレットで…
なんて思うのは私だけでしょうか?


今日も読んでいただきありがとうございます

2019-04-11 21.35.27
宿題は先生がプリントすればいいと思いますけど…

水木と…

今週もあっという間に終わります…

4月から始まった
志学館

生徒は本気で楽しいのですが
まだまだリズムができません

ここが踏ん張りどころですね!


2019-04-04 14.04.28
今日も読んでいただきありがとうございます
本気の生徒を応援できることは
とても嬉しいです!
プロフィール

1972年 島根県 益田市生まれ
高校時代はテニスに没頭。仙台インターハイに出場。大学時代はテニスに没頭。主将としてリーグ戦を勝ち抜く。大学を卒業後、公立学校採用試験に合格せず4年間講師で県内をさまよう。その後、正式採用となり12年間島根県内の普通高校を渡り歩く。H23年4月、「プロの生き方」にあこがれて公立学校教諭を辞職。フリーの国語教師として再出発。志桜塾代表。趣味はテニス。上級指導員の資格をもつ。テニスから学んだ「機能分析」の考え方をもとに新しい国語の指導を模索している。

志桜塾LINE
友だち追加
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ガラッと変わる国語
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
楽天
Amazon